とらばさみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

獣類を捕獲するための法定猟具。鳥類には使用が禁止されている。とらばさみはトラップtrapの転訛(てんか)。鋼鉄製で、強いばねの弾力を利用し、獲物の足や首などを挟む仕掛け。獲物の通路上に落ち葉などで隠して装置し、踏むと支点が外れて獣体を捕捉(ほそく)する。新鮮な獣の足跡を注視してたどり、かならず踏むと見込んだ個所に架設しないと効果が少ない。餌(えさ)(ニワトリの頭など)をとらばさみの上にのせておき、獲物がこれを食おうとしたとき掛かるように仕掛けることもある。タヌキ、アナグマ、キツネなど穴居獣を捕獲するには、穴をみつけて入口に仕掛けることもある。

 とらばさみの形式は種々あるが、100年以上前から使われているアメリカのオネイダ・ビクター・トラップが著名。大きさは獲物によって異なるが、日本では、開いた直径が12センチメートル以上のものと鋸歯(きょし)のあるものは、人に対する危険性が高いので禁止されている。したがって通常タヌキ以下の小型獣に使用され、イタチの捕獲に使用する場合が多い。使用には甲種狩猟免許が必要である。

[白井邦彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android