どち

精選版 日本国語大辞典「どち」の解説

どち

〘名〙 動作・性質・状態などにおいて、互いに共通点を持っている人。名詞に直接ついて、接尾語的にも用いる。たがいに…である。同じ仲間。どうし。どし。
書紀(720)神功元年三月・歌謡「槻弓(つくゆみ)に まり矢を(たぐ)へ 貴人(うまひと)は 貴人奴知(ドチ)や 親友(いとこ)はも 親友奴池(ドチ) いざ闘(あ)はな我は」
※土左(935頃)承平五年一月九日「見渡せば松の末(うれ)ごとにすむ鶴は千代のどちとぞ思ふべらなる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「どち」の解説

どち

動作・性質・状態などにおいて、互いに共通点を持っている人。同じ仲間。名詞の下に付いて、接尾語的にも用いる。
「君が家に植ゑたる初花を折りてかざさな旅別る―」〈・四二五二〉
「男―は、心やりにやあらむ、(からうた)などいふべし」〈土佐

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android