コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どち ドチ

デジタル大辞泉の解説

どち

動作・性質・状態などにおいて、互いに共通点を持っている人。同じ仲間。名詞の下に付いて、接尾語的にも用いる。
「君が家に植ゑたる萩の初花を折りてかざさな旅別る―」〈・四二五二〉
「男―は、心やりにやあらむ、詩(からうた)などいふべし」〈土佐

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

どちの関連キーワード其処とも知らず大伴坂上郎女雨降る波止場阿波〈町〉差し向かふ良うせずはじゃらつく小手招くとち狂うあど語りとち狂ふ伊呂波歌天野康景一人一人久米広縄目無し鬼思ひ構ふ掻い連ぬ雨の大阪思うどち

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どちの関連情報