どぶね

世界大百科事典 第2版の解説

どぶね

新潟県の出雲崎あたりから富山湾の西端あたりにかけて使われていた古形の和船地引網定置網などの沿岸漁業に使われていたが,いまでは少なくなった。長さは通常10~11m,肩幅は1.4~1.5mくらい,材はもっぱらで,5~7枚の板を継ぎ合わせて造るが,その両側オモキの部分にはくる手法が残されているので,古くは(くり)であったことが考えられる。漕具はかい)で,大型ならば6~7挺,小型ならば4挺を用いる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android