コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どぶね

1件 の用語解説(どぶねの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

どぶね

新潟県の出雲崎あたりから富山湾の西端あたりにかけて使われていた古形の和船。地引網や定置網などの沿岸漁業に使われていたが,いまでは少なくなった。長さは通常10~11m,肩幅は1.4~1.5mくらい,材はもっぱら杉で,5~7枚の板を継ぎ合わせて造るが,その両側のオモキの部分にはくる手法が残されているので,古くは刳(くり)舟であったことが考えられる。漕具は櫂(かい)で,大型ならば6~7挺,小型ならば4挺を用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

どぶねの関連キーワード有磯海あたぼう辺り辺りあたりき出雲崎湯中り風当り毒中り越後出雲崎天領の里あたりめ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

どぶねの関連情報