コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なあ ナア

デジタル大辞泉の解説

なあ[感]

[感]呼びかけたり、同意を求めたり、念を押したりするときに発する語。な。「なあ、いいだろう」

なあ[終助・間助]

《助詞「な」の音変化》
[終助]
終助詞「3㋒」に同じ。「君に頼んでもいいかなあ
終助詞「3㋓」に同じ。「すばらしい景色だなあ
[間助]間投助詞「」に同じ。「明日はなあ、大事な試合なんだ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なあ

( 感 )
呼びかけたり念を押したりする際に用いる語。親しい間柄に使われる。な。 「 -、そうだろう」

なあ

( 終助 )
文末にあって、活用語の終止形や助詞に接続する。
な(終助・間投助) 」に同じ。 「ほんとにきれいだ-」 「一度、会いたかったろうに-」
な(終助・間投助) 」に同じ。 「そいつは困った-」 「君が優勝したんだって-」
な(終助・間投助) 」に同じ。 「これでいいんだろう-」 「あの本はどこで買ったか、君、覚えていないか-」
な(終助・間投助) 」に同じ。 「早くバスが来ないか-」 「もういいかげんに雨があがるといい-」
( 間投助 )
な(終助・間投助) 」に同じ。 「そうは言っても-、なかなかうまくいかないんだよ」 「それはです-、こういうようにやればいいんですよ」 〔「な(終助・間投助)」よりさらに強めた言い方で、もっぱら男性の言葉に用いられる〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

なあの関連情報