ないか

精選版 日本国語大辞典「ないか」の解説

ない‐か

連語〙 (助動詞「ない」に終助詞「か」のついたもの)
① 疑問の意を表わす。
※歌舞伎・傾城金秤目(1792)二番目「此あねいは勅使を知らないか」
② 勧誘の意を表わす。「コーヒーを飲まないか」
※歌舞伎・心謎解色糸(1810)序「『〈〉いっそずんぎり、三人がかりをとって見せないか』『何をするも稽古の為だ。一番とりますべい』」
③ 命令の意を表わす。
※歌舞伎・お染久松色読販(大南北全集所収)(1813)序幕「コレサ、静かにしないか。髪が結はれない」
④ 依頼の意を表わす。「ちょっと教えてくれないか」
※少年(1911)〈谷崎潤一郎〉「此れで少ッし切らせないか。ね、ちょいと、ぽっちりだからそんなに痛かないよ」
⑤ (あとに「なあ」などを伴って) 願望の意を表わす。
※大道無門(1926)〈里見弴〉白緑江「素的な美人かなんかで、〈略〉麻雀がしたくってたまらない、なんてのがゐないかなア」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ないか」の解説

ない‐か

[連語]《助動詞「ない」+終助詞「か」》
勧誘の意を表す。「コーヒーを飲まないか
命令の意を表す。「早くしないか」「もたもたしないでさっさと歩かないか
依頼の意を表す。「ちょっと教えてくれないか
(あとに「なあ」などを伴って)願望の意を表す。「宝くじでも当たらないかなあ」「病気が治らないかね」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android