コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なくに ナクニ

2件 の用語解説(なくにの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なく‐に

[連語]《打消しの助動詞「ず」のク語法「なく」+格助詞「に」》
詠嘆的な打消しを表す。…ないことだなあ。
「苦しくも降り来る雨か三輪の崎狭野(さの)の渡りに家もあら―」〈・二六五〉
詠嘆的に打消し、逆接的に接続する意を表す。…ないことなのに。
「やどりせし花橘(はなたちばな)も枯れ―などほととぎす声絶えぬらむ」〈古今・夏〉
[補説]「に」は詠嘆の終助詞とも。主として和歌に用いられ、上代では1の意で文末の用法が多く、平安時代以降は2の意で文中の用法が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なくに

( 連語 )
〔打ち消しの助動詞「ず」のク語法「なく」に助詞「に」の付いたもの〕
上の事柄を詠嘆的に打ち消し、下に逆接的に続ける。 「山川も隔たら-かく恋ひむとは/万葉集 601」 「深山みやまには松の雪だに消え-都は野辺の若菜つみけり/古今 春上
文末に用いられて、上の事柄を詠嘆的に打ち消す。…ないことだなあ。 「滝の上の三船の山に居る雲の常にあらむと我が思は-/万葉集 242」 「色もなき心を人に染めしより移ろはむとは思ほえ-/古今 恋四」 〔上代に多く用いられた語で、中古以降は和歌以外にはほとんど用いられなくなった〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なくにの関連キーワードあらなくに思わぬざる辞せずなく明け遣らぬ動かぬ適わぬ嫌わずざらし

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

なくにの関連情報