相思(読み)そうし

精選版 日本国語大辞典「相思」の解説

そう‐し サウ‥【相思】

① 互いに思慕すること。互いに恋いしたうこと。あいぼれ。
※和漢朗詠(1018頃)上「錦を織る機の中には すでに相思の字を弁(わきま)へ〈公乗億〉」
※茶話(1915‐30)〈薄田泣菫〉結婚司会に夫婦喧嘩を説く「Bさんといふ若い男があって、或る娘と相思(ソウシ)の仲となった」 〔張若虚‐春江花月夜〕
② (「相」は助字) 思いしたうこと。
※懐風藻(751)飄寓南荒贈在京故友〈石上乙麻呂〉「相思知別慟、徒弄白雲琴」
※蕉堅藁(1403)送趙魯山山人自銭唐帰越中旧隠「別後相思何処寄、月明唯有渡江鐘

あい‐おもい あひおもひ【相思】

〘名〙 互いに慕うこと。そうし。
※御伽草子・美人くらべ(室町時代物語集所収)(室町中)「又かやうにあひ思ひなる事かなとて、いよいよあさからずおぼしめし」

あい‐おも・う あひおもふ【相思】

〘他ハ四〙 (「あい」は接頭語) 互いに思う。互いに慕う。
※古事記(712)下・歌謡「大猪子が 腹にある 肝向ふ 心をだにか 阿比淤母波(アヒオモハ)ずあらむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「相思」の解説

【相思】そう(さう)し

あい思う。〔世説新語簡傲、呂安と善し。一たび相ひ思ふに、千里駕を命ず。

字通「相」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android