コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なりと ナリト

デジタル大辞泉の解説

なり‐と[副助・並助]

《断定の助動詞「なり」+接続助詞「と」から》名詞、名詞に準じる語、副詞活用語終止形、助詞などに付く。「なりとも」の形でも使う。
[副助]
いくつかあるもののうちの一つを、一応の例として示す意を表す。…でも。…だけでも。「見かけたときに声をかけるなりとしておけばよかった」
(「どこ」「だれ」「いつ」「なに」などの疑問語とともに用いて)漠然と指し示す、あるいは、特に限定しない意を表す。「だれなりと呼んでくれませんか」「何なりとお申しつけ下さい」→なと
[並助]どれか一つを選ぶ意を表す。「帰るなりと泊まるなりとお好きなように」→なと

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なりと

( 副助 )
〔断定の助動詞「なり」に接続助詞「と」の付いたものから。中世末以降の語〕
体言または体言に準ずるもの、体言に格助詞の付いたもの、副詞などに付く。
他にもっと適当なものがあるかもしれないが、例えばという気持ちを込めて、ある事柄を例示する。でも。 「だれ-行きたい者は連れて行ってやる」 「少し-先へ進むよう、心がけないといけない」 「路次でお茶-申さうものを/狂言・餅酒」
(「…なりと…なりと」の形で)例として並べ挙げた中で、どれか一つを選ぶという意を表す。 「ぼくに-彼に-聞いてくれればすぐ説明してあげよう」 「括り-殺し-勝手にしや/浄瑠璃・大経師 」 〔この語は中世から近世へかけて多く用いられたが、現代語では、「なんなりと」などの慣用的な言い方以外は、副助詞「なり」のほうが多く用いられる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

なりとの関連キーワード掻き捨つ・搔き捨つ申し付け・申付けどうなりと限りある位仰せ付ける慚悔・慙悔しんなり如何とも如何なとこしめす棒手振り忍び籠む万分の一見こなす化生の者どうなと然なり出勝ち天逆様副助詞

なりとの関連情報