コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なりと ナリト

2件 の用語解説(なりとの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なり‐と[副助・並助]

《断定の助動詞「なり」+接続助詞「と」から》名詞、名詞に準じる語、副詞、活用語の終止形、助詞などに付く。「なりとも」の形でも使う。
[副助]
いくつかあるもののうちの一つを、一応の例として示す意を表す。…でも。…だけでも。「見かけたときに声をかけるなりとしておけばよかった」
(「どこ」「だれ」「いつ」「なに」などの疑問語とともに用いて)漠然と指し示す、あるいは、特に限定しない意を表す。「だれなりと呼んでくれませんか」「何なりとお申しつけ下さい」→なと
[並助]どれか一つを選ぶ意を表す。「帰るなりと泊まるなりとお好きなように」→なと

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なりと

( 副助 )
〔断定の助動詞「なり」に接続助詞「と」の付いたものから。中世末以降の語〕
体言または体言に準ずるもの、体言に格助詞の付いたもの、副詞などに付く。
他にもっと適当なものがあるかもしれないが、例えばという気持ちを込めて、ある事柄を例示する。でも。 「だれ-行きたい者は連れて行ってやる」 「少し-先へ進むよう、心がけないといけない」 「路次でお茶-申さうものを/狂言・餅酒」
(「…なりと…なりと」の形で)例として並べ挙げた中で、どれか一つを選ぶという意を表す。 「ぼくに-彼に-聞いてくれればすぐ説明してあげよう」 「括り-殺し-勝手にしや/浄瑠璃・大経師 」 〔この語は中世から近世へかけて多く用いられたが、現代語では、「なんなりと」などの慣用的な言い方以外は、副助詞「なり」のほうが多く用いられる〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なりとの関連キーワードずとですからななりなのだなのでなのにならでなれどなればことならば

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

なりとの関連情報