コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なりとも ナリトモ

大辞林 第三版の解説

なりとも

( 副助 )
〔断定の助動詞「なり」に接続助詞「とも」の付いたものから。中世末から近世にかけて多く用いられる〕
体言または体言に準ずるもの、体言に格助詞の付いたもの、副詞などに付く。
他にもっと適当なものがあるかもしれないが、例えばという気持ちを込めて、ある事柄を例示する。でも。 「せめて酒-飲みたい/狂言・樽聟」 「さあ、そつと-此銀へ手を指いて見よ/歌舞伎・壬生大念仏」
(「…なりとも…なりとも」の形で)例として並べ挙げた中で、どれか一つを選ぶという意を表す。 「腕押し-、脛押し-いたさう/狂言・連尺」 〔現代語では、「なんなりとも」などの慣用的な言い方以外にはあまり用いられない。「なん-差し上げましょう」〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

なりともの関連キーワードマーガレット セント・クレア寛政異学の禁何方も何方も限りある位季節的集落賜れ・給れ如何なりと乗り取る藤原俊成腐り付く棒手振り候べく候こしめす化生の者何処許出勝ち軽過失業の風己やれいみじ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なりともの関連情報