コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なれど ナレド

デジタル大辞泉の解説

なれ‐ど[接]

[接]《断定の助動詞「なり」の已然形+接続助詞「ど」から》「なれども」に同じ。「天気は晴朗。なれど、波高し」
「どこでも大事ござらぬ。―、ちょっと医者殿へ聞いてみての事にして下さい」〈咄・鹿の子餅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なれど

( 接続 )
〔断定の助動詞「なり」の已然形に接続助詞「ど」の付いたもの〕
けれども。しかしながら。そうではあるが。 「親父がおめえとおいらをば夫婦にするとかねての量見、-今までつひしかに/人情本・娘節用」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

なれどの関連キーワード寡住み・鰥住み雲霞となる無げの言葉面恥づかし散らし髪物狂はし差し付け接続助詞人めかす不手回りわやくや碾き臼芸申し賜る御膳番青色姿境する果無者声付き尻持ち実には

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なれどの関連情報