コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なれど ナレド

デジタル大辞泉の解説

なれ‐ど[接]

[接]《断定の助動詞「なり」の已然形+接続助詞「ど」から》「なれども」に同じ。「天気は晴朗。なれど、波高し」
「どこでも大事ござらぬ。―、ちょっと医者殿へ聞いてみての事にして下さい」〈咄・鹿の子餅

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なれど

( 接続 )
〔断定の助動詞「なり」の已然形に接続助詞「ど」の付いたもの〕
けれども。しかしながら。そうではあるが。 「親父がおめえとおいらをば夫婦にするとかねての量見、-今までつひしかに/人情本・娘節用」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

なれどの関連情報