コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なれども ナレドモ

デジタル大辞泉の解説

なれ‐ども[接]

[接]《断定の助動詞「なり」の已然形+接続助詞「ども」から》前の事柄とあとの事柄が、反対・対立の関係にあることを示す。であるが。けれども。なれど。
「田舎仏師の拵えたものでございましょう。―金箔を置き直したと見え、ぴかぴかと光って居りまする」〈円朝真景累ヶ淵

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なれども

( 接続 )
〔断定の助動詞「なり」の已然形に接続助詞「ども」の付いたもの〕
なれど 」に同じ。 「追付け年も明くぞや。-勤の習ひ/浄瑠璃・長町女腹切

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

なれどもの関連情報