コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なれども ナレドモ

デジタル大辞泉の解説

なれ‐ども[接]

[接]《断定の助動詞「なり」の已然形+接続助詞「ども」から》前の事柄とあとの事柄が、反対・対立の関係にあることを示す。であるが。けれども。なれど。
「田舎仏師の拵えたものでございましょう。―金箔を置き直したと見え、ぴかぴかと光って居りまする」〈円朝真景累ヶ淵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なれども

( 接続 )
〔断定の助動詞「なり」の已然形に接続助詞「ども」の付いたもの〕
なれど 」に同じ。 「追付け年も明くぞや。-勤の習ひ/浄瑠璃・長町女腹切

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

なれどもの関連キーワード申し事・申し言浅劣・謭劣頼もし立て今に始めぬ長町女腹切仕置き者命代はり思ひ馴る接続助詞秋山真之旧り行く薄黒い天守米真魚箸心確か胸の関勤め子店商い心早し業良し

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なれどもの関連情報