コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なれども(読み)ナレドモ

デジタル大辞泉の解説

なれ‐ども[接]

[接]《断定の助動詞「なり」の已然形+接続助詞「ども」から》前の事柄とあとの事柄が、反対・対立の関係にあることを示す。であるが。けれども。なれど。
「田舎仏師の拵えたものでございましょう。―金箔を置き直したと見え、ぴかぴかと光って居りまする」〈円朝真景累ヶ淵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なれども

( 接続 )
〔断定の助動詞「なり」の已然形に接続助詞「ども」の付いたもの〕
なれど」に同じ。 「追付け年も明くぞや。-勤の習ひ/浄瑠璃・長町女腹切

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なれどもの関連情報