なんざあ

精選版 日本国語大辞典の解説

なん‐ざあ

(副助詞「なんぞ」に係助詞「は」が付いて変化した語) あるものを取り立てていう、俗語的な口頭語。関東で用いる。
※洒落本・世説新語茶(1776‐77か)坊客「つゐぞナニサ咄なんざあした事アごぜんせん」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「おまへなんざアおとっさんがお弁当にしてやれとお云ひだ物を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なん‐ざあ

[連語]《副助詞「なんぞ」に係助詞「は」の付いた「なんぞは」の音変化。関東で用いる》「など」に同じ。「時間に遅れるなんざあだらしのないことだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android