にしては

精選版 日本国語大辞典「にしては」の解説

にして は

① …においては。…にあっては。
※万葉(8C後)一・三五「これやこの大和爾四手者(ニシては)(あが)恋ふる紀路に有りと云ふ名に負ふの山」
② …にとってみれば。
浮世草子・好色一代女(1686)一「かならず生れつきて、男のよは蔵は、女の身にしてはかなしき物ぞかし」
③ …である割には。…であることを考えると。
※浮世草子・好色旅日記(1687)二「色茶屋の算用にしてはかるしとかたる馬奴(まこ)もあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「にしては」の解説

にして‐は

[連語]《「にして」+係助詞「」》…であることを考えると。…としてみれば。…では。「冬にしては暖かい一日だった」「小学生にしては背が高い」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android