にして(読み)ニシテ

デジタル大辞泉の解説

に‐して

[連語]
《断定の助動詞「なり」の連用形+接続助詞「して」》…であって。「人にして人にあらず」
「言出(ことで)しは誰(た)が言(こと)なるか小山田の苗代水の中淀(なかよど)―」〈・七七六〉
《格助詞「に」+サ変動詞「す」の連用形+接続助詞「て」》
場所を表す。…において。
「家―結ひてし紐を解き放(さ)けず思ふ心を誰か知らむも」〈・三九五〇〉
時を表す。…で。「彼は一歳にしてすでに字を書いていたという」
「三十(みそぢ)余り―、さらにわが心と一の庵(いほり)を結ぶ」〈方丈記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にして

( 連語 )
〔断定の助動詞「なり」の連用形「に」にサ変動詞「する」の連用形「し」と接続助詞「て」の付いたもの〕
上のことをはっきりと言い定め、さらに次の事に言い及ぶのに用いられる。…で。…であって。…であって、しかも。 「西塔の法師に、…豪雲といふ者あり。悪僧-学匠なり/盛衰記 4」 「月日は百代の過客-、行かふ年も又旅人なり/奥の細道」 〔現代語でも、文章語的な言い方として用いることがある〕

にして

( 連語 )
〔格助詞「に」にサ変動詞「する」の連用形「し」と接続助詞「て」の付いたもの。全体で一語の助詞のように用いられる〕
場所または時を表す。…において。…で。 「旅の途上-死す」 「三〇歳-人生を悟る」 「家-見れど飽かぬを草枕旅にも妻とあるがともしさ/万葉集 634」 「清和天皇九歳-文徳天皇の御禅をうけさせ給ふ/平家 1」 〔現代語でもやや文章語的な言い方として用いることがある〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

に‐して

〘連語〙 (「して」は、サ変動詞「する」の連用形接続助詞「て」の付いたもの)
[1] (格助詞「に」に「して」の付いたもの。全体で格助詞的にはたらく)
① 場所または時を表わす。…において。…にあって。…で。
※万葉(8C後)四・六三四「家二四手(ニシて)見れど飽かぬを草枕旅にも妻とあるがともしさ」
※平家(13C前)一「清和天皇九歳にして文徳天皇の御禅をうけさせ給ふ」
② (近代の文語的な用法) …の場合でも。…でさえも。→してから
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「君にして此(この)伎倆あらんとは」
[2] (形容動詞連用形語尾の「に」、断定の助動詞「なり」の連用形「に」に接続助詞的用法の「して」の付いたもの) …で。…であって。…であって、しかも。
※古事記(712)中・歌謡「ぬなは繰り 延へけく知らに 我が心しぞ いや愚(をこ)邇斯弖(ニシテ) 今ぞ悔しき」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)旅立「月日は百代(はくだい)の過客にして、行かふ年も又旅人也」
[補注]上代には「にて」に比べて「にして」の例が圧倒的に多い。平安時代には、「にして」は和歌や漢文訓読系のものに限られるようになったが、後に混用された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

にしての関連情報