コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

にして ニシテ

3件 の用語解説(にしての意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

に‐して

[連語]
《断定の助動詞「なり」の連用形+接続助詞「して」》…であって。「人にして人にあらず」
「言出(ことで)しは誰(た)が言(こと)なるか小山田の苗代水の中淀(なかよど)―」〈・七七六〉
《格助詞「に」+サ変動詞「す」の連用形+接続助詞「て」》
場所を表す。…において。
「家―結ひてし紐を解き放(さ)けず思ふ心を誰か知らむも」〈・三九五〇〉
時を表す。…で。「彼は一歳にしてすでに字を書いていたという」
「三十(みそぢ)余り―、さらにわが心と一の庵(いほり)を結ぶ」〈方丈記

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

にして

( 連語 )
〔断定の助動詞「なり」の連用形「に」にサ変動詞「する」の連用形「し」と接続助詞「て」の付いたもの〕
上のことをはっきりと言い定め、さらに次の事に言い及ぶのに用いられる。…で。…であって。…であって、しかも。 「西塔の法師に、…豪雲といふ者あり。悪僧-学匠なり/盛衰記 4」 「月日は百代の過客-、行かふ年も又旅人なり/奥の細道」 〔現代語でも、文章語的な言い方として用いることがある〕

にして

( 連語 )
〔格助詞「に」にサ変動詞「する」の連用形「し」と接続助詞「て」の付いたもの。全体で一語の助詞のように用いられる〕
場所または時を表す。…において。…で。 「旅の途上-死す」 「三〇歳-人生を悟る」 「家-見れど飽かぬを草枕旅にも妻とあるがともしさ/万葉集 634」 「清和天皇九歳-文徳天皇の御禅をうけさせ給ふ/平家 1」 〔現代語でもやや文章語的な言い方として用いることがある〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にしての関連キーワードごさんめれ如くなりてきななりなのだなりけり垂んとすにきにけりでございま・す

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

にしての関連情報