コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

にして ニシテ

デジタル大辞泉の解説

に‐して

[連語]
《断定の助動詞「なり」の連用形+接続助詞「して」》…であって。「人にして人にあらず」
「言出(ことで)しは誰(た)が言(こと)なるか小山田の苗代水の中淀(なかよど)―」〈・七七六〉
《格助詞「に」+サ変動詞「す」の連用形+接続助詞「て」》
場所を表す。…において。
「家―結ひてし紐を解き放(さ)けず思ふ心を誰か知らむも」〈・三九五〇〉
時を表す。…で。「彼は一歳にしてすでに字を書いていたという」
「三十(みそぢ)余り―、さらにわが心と一の庵(いほり)を結ぶ」〈方丈記

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にして

( 連語 )
〔断定の助動詞「なり」の連用形「に」にサ変動詞「する」の連用形「し」と接続助詞「て」の付いたもの〕
上のことをはっきりと言い定め、さらに次の事に言い及ぶのに用いられる。…で。…であって。…であって、しかも。 「西塔の法師に、…豪雲といふ者あり。悪僧-学匠なり/盛衰記 4」 「月日は百代の過客-、行かふ年も又旅人なり/奥の細道」 〔現代語でも、文章語的な言い方として用いることがある〕

にして

( 連語 )
〔格助詞「に」にサ変動詞「する」の連用形「し」と接続助詞「て」の付いたもの。全体で一語の助詞のように用いられる〕
場所または時を表す。…において。…で。 「旅の途上-死す」 「三〇歳-人生を悟る」 「家-見れど飽かぬを草枕旅にも妻とあるがともしさ/万葉集 634」 「清和天皇九歳-文徳天皇の御禅をうけさせ給ふ/平家 1」 〔現代語でもやや文章語的な言い方として用いることがある〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

にしての関連キーワード切り干し大根・切干し大根centre part頼む木の下に雨漏る無為にして化すコールスローせせら笑い等閑に付す何にしても振分け荷物肌を入れる掛り付け医何れにせよホエー飲料死に支度携帯燃料口に出す文徳天皇愛し子予定表股火鉢

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

にしての関連情報