に付けて(読み)ニツケテ

デジタル大辞泉の解説

に‐つけ‐て【に付けて】

[連語]《格助詞「に」+動詞「つ(付)ける」の連用形+接続助詞「て」》
動作や心情が起こるきっかけとなる事柄を表す。…に関連して。…するとそれに関連して。「何かに付けて力になる」「うわさを聞くに付けて心配が増す」
その二つのいずれにおいても。
「真俗―必ず果し遂げんと思はん事は、機嫌をいふべからず」〈徒然・一五五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

につけて【に付けて】

( 連語 )
〔格助詞「に」に動詞「付ける」の連用形「つけ」と、接続助詞「て」の付いたもの〕
…に関連して。…があると、それに関連して。 「山中の生活なので、なにか-不自由している」 「年頃の子を見る-なき子がしのばれる」
二つのものについて、そのいずれであっても、の意を表す。 「真俗-、必ず果たし遂げんと思はん事は/徒然 155

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

に付けての関連情報