コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

に付けて ニツケテ

デジタル大辞泉の解説

に‐つけ‐て【に付けて】

[連語]《格助詞「に」+動詞「つ(付)ける」の連用形+接続助詞「て」》
動作や心情が起こるきっかけとなる事柄を表す。…に関連して。…するとそれに関連して。「何かに付けて力になる」「うわさを聞くに付けて心配が増す」
その二つのいずれにおいても。
「真俗―必ず果し遂げんと思はん事は、機嫌をいふべからず」〈徒然・一五五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

につけて【に付けて】

( 連語 )
〔格助詞「に」に動詞「付ける」の連用形「つけ」と、接続助詞「て」の付いたもの〕
…に関連して。…があると、それに関連して。 「山中の生活なので、なにか-不自由している」 「年頃の子を見る-なき子がしのばれる」
二つのものについて、そのいずれであっても、の意を表す。 「真俗-、必ず果たし遂げんと思はん事は/徒然 155

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

に付けての関連キーワードメリーねりあめマドモアゼルセニョリータセニョールムッシューファイナルセニョーラ呼ばわりドワーフワイパー接続助詞アッサイオープンねりっ子エクサマダムヘクトバイスに付け羽織紐

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

に付けての関連情報