コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のたる のたる

大辞林 第三版の解説

のたる

( 動四 )
はって行く。うねるようにして進む。のたくる。 「うはばみ霞版を-・る山の岫/談林十百韻」
倒れる。 「あんまさん-・られまいと夜そばいい/雑俳・川柳評万句合」
苦しみもだえる。のたうつ。 「手負ておいはうんとばかりに-・りまわるを/塩原多助一代記 円朝
( 動下二 )
に同じ。 「そこら構はずふんぞつて-・れてござれ/浄瑠璃・鑓の権三

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

のたるの関連キーワードベブレン(Thorstein Bunde Veblen)カントル(Georg Cantor)ホルモン(内分泌)のしくみとはたらきローラチェーンカップリングフェースエクササイズ締める・閉める・〆るバセット・ハウンド土佐闘犬(土佐犬)プリテンショナーコウテイペンギンターナー症候群ターンバックルデューラップ野垂れ死にコンベヤーマスチフ美容医療息合ひ呪い歌保湿剤

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のたるの関連情報