コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鑓の権三重帷子 やりのごんざかさねかたびら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鑓の権三重帷子
やりのごんざかさねかたびら

浄瑠璃。世話物。2巻1段。近松門左衛門作。享保2 (1717) 年大坂竹本座初演。同年大坂高麗橋で起った妻敵討 (めがたきうち) を俗謡で知られる「鑓の権三」に仮託し,表小姓笹野権三と茶道の師浅香市之進の妻おさいとの密通事件として脚色したもの。同じ題材の作品は歌舞伎でも演じられ,浮世草子でも数編作られたが,本作はその代表作。『堀川波鼓 (ほりかわなみのつづみ) 』『大経師昔暦 (だいきょうじむかしごよみ) 』を合せ,近松三姦通物の一つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やりのごんざかさねかたびら【鑓の権三重帷子】

浄瑠璃。世話物。2巻。近松門左衛門作。享保2年(1717)大坂竹本座初演。茶道師匠浅香市之進の妻おさいと鑓の名手笹野権三は、不義密通の濡れ衣を着せられ、市之進に討たれる。近松三姦通物の一。通称「おさい権三」「鑓の権三」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

やりのごんざかさねかたびら【鑓の権三重帷子】

人形浄瑠璃。世話物。2巻。最初の外題は《好色橋弁慶》。近松門左衛門作。1717年(享保2)8月大坂竹本座初演。題材はこの年7月17日大坂高麗橋(こうらいばし)であった女敵討(めがたきうち)。京大坂の歌舞伎芝居でも際物の急作を上演していたが,近松は別個に構想を立てたものと見られる。笹野権三は茶道の秘伝の伝授を望んでいる。師匠浅香市之進は江戸詰めで不在であるが,その妻おさゐは権三に娘お菊の婿になることを求め,それを承知した権三にその夜一子相伝の巻物を見せる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

やりのごんざかさねかたびら【鑓の権三重帷子】

人形浄瑠璃の一。世話物。近松門左衛門作。1717年初演。茶道指南浅香市之進の妻おさいは、娘の婿と考えていた笹野権三と不義の汚名を着せられ家を逃げるが、伏見京橋で夫に討たれる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鑓の権三重帷子
やりのごんざかさねかたびら

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。世話物。二巻。近松門左衛門作。1717年(享保2)8月、大坂・竹本座初演。同年7月に大坂高麗橋(こうらいばし)であった女敵討(めがたきうち)を、流行歌にうたわれた美男の槍(やり)使いの名を男主人公に使って脚色したもの。茶道師範浅香市之進の妻おさゐは、夫が江戸詰めで不在中、門弟笹野権三に乞(こ)われ、娘の婿になることを条件に茶道の秘伝を伝授することになる。その際、権三がかねて言い交わしている川側伴之丞(かわづらばんのじょう)の妹ゆきのことからいさかいとなるが、それを庭に忍んでいた伴之丞に不義密通と呼び立てられ、二人の帯を証拠に持ち去られる。おさゐは不義の汚名を身に引き受け、権三とともに駆け落ちし、伏見(ふしみ)京橋で市之進に討たれる。『大経師昔暦(だいきょうじむかしごよみ)』『堀川波鼓(ほりかわなみのつづみ)』とともに近松三大姦通(かんつう)物の一つ。娘にかこつけて嫉妬(しっと)する女主人公の激しい情念の描き方に特色があり、近年は文楽(ぶんらく)、歌舞伎(かぶき)をはじめ、新劇や映画にも扱われている。[松井俊諭]
『鳥越文蔵校注・訳『日本古典文学全集44 近松門左衛門集 二』(1975・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鑓の権三重帷子の関連キーワード野沢 松之輔人形浄瑠璃汚名

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android