コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のろま(野呂間) のろま

1件 の用語解説(のろま(野呂間)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のろま【のろま(野呂間)】

道化人形。近世初頭,興行界で行われる諸芸能には必ず間(あい)の狂言がはさまれた。それは歌謡や軽業,からくり,少年の歌舞など多彩であった。なかでも歌舞伎の座の道化方による物まね芸が好まれ,浄瑠璃操座ではそれら著名道化方の顔を模した人形まで作られ,滑稽(こつけい)な寸劇を演じた。ふんとく,才六,たろま等々が作られたが,江戸ののろまがいちばん著名である。野呂松勘兵衛が創始したといわれる人形で,頭がひらたく色の青黒い人形であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

のろま(野呂間)の関連キーワード勧進興行初っ切り座敷能慈善興行神宮祈年祭淡路人形浄瑠璃ギニョル野呂間人形ややこ踊野呂松勘兵衛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone