コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のろま(野呂間) のろま

世界大百科事典 第2版の解説

のろま【のろま(野呂間)】

道化人形。近世初頭,興行界で行われる諸芸能には必ず間(あい)の狂言がはさまれた。それは歌謡や軽業からくり,少年の歌舞など多彩であった。なかでも歌舞伎の座の道化方による物まね芸が好まれ,浄瑠璃操座ではそれら著名道化方の顔を模した人形まで作られ,滑稽(こつけい)な寸劇を演じた。ふんとく,才六,たろま等々が作られたが,江戸ののろまがいちばん著名である。野呂松勘兵衛が創始したといわれる人形で,頭がひらたく色の青黒い人形であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

のろま(野呂間)の関連キーワード道化人形

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android