道化方(読み)どうけかた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道化方
どうけかた

歌舞伎で喜劇的な演技を受持つ俳優をいう。「道外方」とも書く。初期の歌舞伎で滑稽演技をみせた猿若 (さるわか) の系統をひく。老巧な演技を必要とし,一座の中心となって,作者を兼ねた時代があった。 18世紀以後,歌舞伎がより劇的に,また写実的要素を加えるようになって,道化方は本来の存在価値を失ってきた。しかし,一編の作品のなかで,笑いを誘う場面 (チャリ場) などに出る,滑稽な性格をもった役のなかにその伝統が残されている。『寺子屋』のよだれくり,『落人 (おちうど) 』の伴内,『切られ与三』の番頭藤八などがそれである。こうした役を三枚目というのは,劇場正面の看板の三枚目に名を掲げられたところから出た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報