コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はなひ草 はなひぐさ

世界大百科事典 第2版の解説

はなひぐさ【はなひ草】

俳諧論書。親重(ちかしげ)(立圃(りゆうほ))著。1636年(寛永13)成立。《花火草》《嚔草》などとも表記。秘伝形式が多かった俳諧式目・作法を,印刷公刊した最初の書。俳諧の法式を辞書的に編集し,使用に便利な小型本にまとめている。急増する俳諧人口の需要にこたえたもので,広く流布し版を重ねた。また《はなひ草大全》(1664)以下増補版も数多く出されている。【乾 裕幸】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

はなひ草の関連キーワード野々口立圃俳諧式目毛吹草歳時記

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android