コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

式目 しきもく

4件 の用語解説(式目の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

式目
しきもく

式条とも称する。式は法式,目は条目をさし,主として中世における法規の集成に対する名称。武家法においては,貞永1 (1232) 年北条泰時が評定衆に命じて編纂させた『御成敗式目 (貞永式目) 』を基本法とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しき‐もく【式目】

《「式」は法式、「目」は条目の意》
中世、法規を箇条書きにしたもの。貞永(じょうえい)式目(御成敗式目)・建武式目など。式条。
連歌俳諧を詠むときに守るべき規則。また、それを記した書。連歌の「応安新式」など。
定められていること。決まり。
「事を糺(ただ)して罪の軽重によって―の成敗」〈伎・韓人漢文〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しきもく【式目】

連歌,俳諧を制作する場合の規約,すなわち禁制と故実。平安末以降,鎖(くさり)連歌,長連歌が起こったが,それにともない式目に類する禁制,故実が求められ,連歌の盛行とともに,故実的な面は作法書となり,禁制的な面は式目となった。13世紀中ごろ以降,京都,鎌倉に二,三の式目が出現したが,1372年(文中1∥応安5)に二条良基が《応安新式》を定め,これが全国的規模で行われた。その後,一条兼良(かねら),宗砌(そうぜい),肖柏らによって増補改訂され,長く連歌の法典となったが,紹巴(じようは)の時代に全面的な検討が加えられ,1597年(慶長2)木食応其(もくじきおうご)の《無言抄》が成立,ひろく用いられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しきもく【式目】

〔「式」は法式、「目」は条目〕
中世、法令・規則を箇条書きにしたもの。武家法に多く、「貞永式目(御成敗式目)」や「建武式目」はその主なもの。式条。
連歌・俳諧を詠むための規則・法式を箇条書きにしたもの。連歌の「応安新式」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

式目の関連キーワード貞門等分除包含除短連歌場合の数連衆俳諧連歌固定相濃度勾配成長永続価値

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

式目の関連情報