コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はぶ茶(読み)はぶちゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

はぶ茶
はぶちゃ

ハブソウあるいはエビスグサの種子を炒(い)ったもので、煎(せん)じて茶のようにして飲む。健胃、整腸、利尿などの効があるとされている。種子をそのまま使うと青臭いので、表皮が焦げる程度に炒ってから用いる。一般にはぶ茶として流通しているのはエビスグサの種子である。[河野友美・大滝 緑]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のはぶ茶の言及

【エビスグサ】より

…日本では沖縄でみられる。同属のハブソウと混同され,種子ははぶ茶の原料とされる。高さ1mほどになり,全体に短毛を有する。…

※「はぶ茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はぶ茶の関連情報