粘液質(読み)ネンエキシツ

大辞林 第三版の解説

ねんえきしつ【粘液質】

〘心〙 ヒポクラテスの体液説に基づく気質の四類型の一。感情の変化や活気に乏しいが、粘り強く勤勉な気質。粘着質。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粘液質
ねんえきしつ
phlegmatic

ギリシア時代の四(よん)体液説に関係づけて分類された四(よん)気質の一種で、現在次のように考えられている。冷静で落ち着いており、感情の起伏が少ない。また、受動的で不活発で表情に乏しいが、行動は穏やかで、粘り強く、思慮深い。安定した内向性に相応する。[浅井邦二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の粘液質の言及

【気質】より

…気質を表す英語temperamentなどの西欧語は語源的に〈ほどよく混ぜ合わせる〉という意味のラテン語temperareに由来しているが,これは,ヒッポクラテス以来,人間の性格類型を血液・胆汁・黒胆汁・粘液という4種の体液の混合のぐあいから考えたためである。このうち,血液が優勢ならば,陽気で快活な〈多血質sanguine〉が,胆汁が優勢ならば,短気で興奮しやすい〈胆汁質choleric〉が,黒胆汁が優勢ならば,陰気で憂鬱(ゆううつ)な〈黒胆汁質melancholic〉が,また粘液が優勢なら,鈍感で冷血な〈粘液質phlegmatic〉がそれぞれ生ずると信じられた。このいわゆる四性論(四体液説)は,こんにちの目からみれば,科学的根拠を欠く空想の産物にすぎないが,体液病理学を医学の基本とみなした古代ギリシア・ローマ期に広く行きわたったばかりか,ルネサンス期を経て,近代医学の成立する19世紀まで受け継がれ,下記のクレッチマーの気質論にも多少の影響をおよぼした節がある。…

※「粘液質」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粘液質の関連情報