ひとりでに

精選版 日本国語大辞典「ひとりでに」の解説

ひとりで‐に

〙 他から力が加わることなく、その物や事態の中に隠れている力で、ある動作が行なわれたり事態が変化したりしていくさまを表わす自然に。おのずから。ひとりと。ひとりに。
俳諧・たれが家(1690)三「風ぞよ秋に時雨夕立〈其角〉 ひとりてに引板(ひた)水音ひたふりて〈才麿〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ひとりでに」の解説

ひとりで‐に

[副]他からの力は加わっていないはずなのに、然に。おのずから。「ひとりでに開いた」
[類語]自ずと自ずから自然

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android