ひょうご舞台芸術(読み)ひょうごぶたいげいじゅつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ひょうご舞台芸術
ひょうごぶたいげいじゅつ

舞台芸術の総合施設「芸術文化センター」の建設を進めている兵庫県が,開館に先立って演劇公演を自主制作した。センターの完成は 2001年度の予定だが,開館前から「ひょうご舞台芸術」の名称で自主プロデュース公演を行うことになり,劇作家の山崎正和を芸術監督に迎え,財団法人「兵庫現代芸術劇場」が 91年に発足した。第1回公演は山崎正和作『獅子を飼う-利休と秀吉』で,92年3月に神戸,同年4月に東京で上演された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android