コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎正和 やまざきまさかず

2件 の用語解説(山崎正和の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山崎正和
やまざきまさかず

[生]1934.3.26. 京都
劇作家,評論家。 1976年大阪大学教授,95年東亜大学大学院教授。少年期を満州の奉天で過し,1948年帰国。京都大学哲学科卒業。 63年,足利義満世阿弥を光と影の関係としてとらえた『世阿弥』 (俳優座上演) で第9回岸田戯曲賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎正和 やまざき-まさかず

1934- 昭和後期-平成時代の劇作家,評論家。
昭和9年3月26日生まれ。昭和38年「世阿弥」(「新劇」岸田戯曲賞)発表以来多数の戯曲をかき,47年別役実と手の会を結成。60年「オイディプス昇天」で読売文学賞。ひろい視野にたった評論でも知られ,47年「劇的なる日本人」で芸術選奨新人賞,48年「鴎外 闘う家長」で読売文学賞。阪大教授などをへて,平成12年東亜大学長。18年文化功労者。23年長年の業績にたいし芸術院恩賜賞。同年芸術院会員。京都出身。京大卒。著作はほかに「柔らかい個人主義の誕生」「文明の構図」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

山崎正和の関連キーワード秋浜悟史北村想斎藤憐坂手洋二謝名元慶福菅竜一堤春恵野口達二ふじた あさや三田純市

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山崎正和の関連情報