コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山崎正和 やまざきまさかず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山崎正和
やまざきまさかず

[生]1934.3.26. 京都
劇作家,評論家。 1976年大阪大学教授,95年東亜大学大学院教授。少年期を満州の奉天で過し,1948年帰国。京都大学哲学科卒業。 63年,足利義満世阿弥を光と影の関係としてとらえた『世阿弥』 (俳優座上演) で第9回岸田戯曲賞を受賞。 64~66年エール大学に留学。その後,平清盛と後白河院との葛藤を描いた『野望と夏草』 (1970) ,『実朝出帆』 (73) などの史劇を発表する一方,『劇的なる精神』 (66) に始る評論活動も多彩に展開する。著書に『劇的なる日本人』 (71) ,読売文学賞受賞の『鴎外 闘う家長』 (72) ,『不機嫌の時代』 (76) ,『柔らかい個人主義の誕生』 (84) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山崎正和 やまざき-まさかず

1934- 昭和後期-平成時代の劇作家,評論家。
昭和9年3月26日生まれ。昭和38年「世阿弥」(「新劇」岸田戯曲賞)発表以来多数の戯曲をかき,47年別役実と手の会を結成。60年「オイディプス昇天」で読売文学賞。ひろい視野にたった評論でも知られ,47年「劇的なる日本人」で芸術選奨新人賞,48年「鴎外 闘う家長」で読売文学賞。阪大教授などをへて,平成12年東亜大学長。18年文化功労者。23年長年の業績にたいし芸術院恩賜賞。同年芸術院会員。京都出身。京大卒。著作はほかに「柔らかい個人主義の誕生」「文明の構図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山崎正和の関連キーワードひょうご舞台芸術形式主義(美学)カルタの城田島令子批評文学呉王夫差劇作家森鴎外凍蝶文芸

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山崎正和の関連情報