びらり帽子(読み)びらりぼうし

精選版 日本国語大辞典「びらり帽子」の解説

びらり‐ぼうし【びらり帽子】

〘名〙 (「ひらりぼうし」とも) 江戸時代の女性用かぶり物の一種。紫縮緬(ちりめん)を覆い左右に垂らしたもの。おもり帽子と違って風にひるがえるところからの名。もと歌舞伎の女形のはじめたものといい、町人婦女にも流行した。
※浄瑠璃・卯月の潤色(1707頃)中「びらりぼうしにかがすげがさ大ふり袖のうしろおび」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「びらり帽子」の解説

びらり‐ぼうし【びらり帽子】

江戸時代、女性用のかぶり物の一。紫縮緬むらさきちりめんで額をおおい、左右に垂らしたもの。垂れた部分が風にひらひらするところからの名。もと歌舞伎女形が始めたものという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android