コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

びらり帽子 ビラリボウシ

デジタル大辞泉の解説

びらり‐ぼうし【びらり帽子】

江戸時代、女性用のかぶり物の一。紫縮緬(むらさきちりめん)で額をおおい、左右に垂らしたもの。垂れた部分が風にひらひらするところからの名。もと歌舞伎女形が始めたものという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びらりぼうし【びらり帽子】

江戸時代、女が外出するとき、笠かさの下にかぶった紫縮緬むらさきちりめんのかぶりもの。風にひらひらするところからいう。歌舞伎女方のはじめたものという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

びらり帽子の関連キーワードかぶりもの江戸時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android