びらり帽子(読み)ビラリボウシ

デジタル大辞泉 「びらり帽子」の意味・読み・例文・類語

びらり‐ぼうし【びらり帽子】

江戸時代、女性用のかぶり物の一。紫縮緬むらさきちりめんで額をおおい左右に垂らしたもの。垂れた部分が風にひらひらするところからの名。もと歌舞伎女形が始めたものという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「びらり帽子」の意味・読み・例文・類語

びらり‐ぼうし【びらり帽子】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「ひらりぼうし」とも ) 江戸時代の女性用かぶり物の一種紫縮緬(ちりめん)で額を覆い左右に垂らしたもの。おもり帽子と違って風にひるがえるところからの名。もと歌舞伎の女形のはじめたものといい、町人婦女にも流行した。
    1. びらり帽子〈東海道名所図会〉
      びらり帽子〈東海道名所図会〉
    2. [初出の実例]「びらりぼうしにかがすげがさ大ふり袖のうしろおび」(出典:浄瑠璃・卯月の潤色(1707頃)中)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android