東海道名所図会(読み)とうかいどうめいしょずえ

精選版 日本国語大辞典「東海道名所図会」の解説

とうかいどうめいしょずえ ‥ダウメイショヅヱ【東海道名所図会】

江戸後期の絵入名所案内。六巻六冊。秋里籬島著。竹原春泉斎ほか画。寛政九年(一七九七)刊。京都から江戸に至る下りの道中駅路を標準として、名所古跡社寺などを図会にし、古書古歌を引用しつつ解説したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「東海道名所図会」の解説

とうかいどうめいしょずえ〔トウカイダウメイシヨヅヱ〕【東海道名所図会】

江戸後期の絵入り名所案内。6巻。秋里籬島あきざとりとう著。竹原春泉斎・北尾政美ほか画。寛政9年(1797)刊。京都から江戸に至る東海道の名所の沿革・風景などを図解した説明書。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android