ふうてん

日本大百科全書(ニッポニカ)「ふうてん」の解説

ふうてん
ふうてん / 瘋癲

かつて用いられた精神異常に対する俗称で、明治時代には精神科病院を瘋癲病院とよんだこともある。字義としては、瘋は精神錯乱をさし、癲は発作的な狂態を示し、二字をあわせて、言動の一時的な異常を意味する。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android