ふうてん

日本大百科全書(ニッポニカ)「ふうてん」の解説

ふうてん
ふうてん / 瘋癲

かつて用いられた精神異常に対する俗称で、明治時代には精神科病院瘋癲病とよんだこともある。字義としては、瘋は精神錯乱をさし、は発作的な狂態を示し、二字をあわせて、言動の一時的な異常を意味する。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

普及版 字通「ふうてん」の解説

【風】ふうてん

狂気のふるまい。〔歴代名画記、十、唐下〕王默、~風にして酒狂なり。石山水を畫く。高奇に乏しと雖も、俗亦た好む。後、頭髻(とうけい)(もとどり)を以てを取り、に抵(いた)りて畫く。

字通「風」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android