コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふたふた フタフタ

2件 の用語解説(ふたふたの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふた‐ふた

[副]
扇を動かしたり鳥が羽ばたいたりしたときに立てる音や、そのさまを表す語。ばたばた。
「扇―とつかひ」〈・六三〉
血などが続けてしたたり落ちるさま。ぼたぼた。
「よりましが懐より黒血を―ととり出だしたりければ」〈愚管抄・四〉
足がもつれるさま。ふらふら。
「立ち上がりけるが、―としければ」〈今昔・二六・五〉
あわただしく急ぐさま。あたふた。
「塗りかけし重箱の―として走り来り」〈浮・禁短気・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふたふた

( 副 )
物が忙しく動いてたてる音を表す語。ばたばた。ぱたぱた。 「扇-とつかひ/枕草子 63
物の強く当たる音を表す語。 「出づるしや背を押重ねて-と射持行くに/今昔 29
ばたばたと暴れるさま。 「三尺ばかりなる鯰の、-として庭にはひ出たり/宇治拾遺 13
ふらふらしているさま。足もとの怪しいさま。 「年は老たる者の、…-としければ/今昔 26

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふたふたの関連キーワード朝羽振る滑翔じたばた羽撃くはたはたばたりまじくじ夕羽振る羽撃つはため・く

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone