コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乍ら ナガラ

デジタル大辞泉の解説

ながら【乍ら】[接助]

[接助]
動詞・動詞型活用語の連用形に付く。二つの動作・状態が並行して行われる意を表す。「ラジオを聞き乍ら勉強する」「左右を見乍ら横断する」
「いといたうなげき―出(い)で給ひぬ」〈落窪・三〉
名詞、動詞型活用語の連用形、形容詞型活用語の連体形などに付く。内容の矛盾する二つの事柄をつなぐ意を表す。…にもかかわらず。…ではあるが。「学生乍ら読書もしない」「知ってい乍ら答えない」「狭い乍らも楽しく暮らす」
「我が宿の物なり―桜花散るをばえこそとどめざりけれ」〈新古今・春下〉
体言、副詞、動詞型活用語の連用形などに付く。ある状態のままにある意を表す。…のまま。…のとおり。「昔乍らの街道」「い乍らにして手に取るようにわかる」
「源氏の五十余巻、ひつに入り―、…得て帰る心地のうれしさぞいみじきや」〈更級
体言・副詞などに付く。そろってそのまま、同じ状態にある意を表す。全部。…とも。それごと。「兄弟乍ら技師になる」「三回乍ら失敗した」
[補説]種々の語に付くが、概して、活用語に付くものは接続助詞、名詞・副詞などに付くものは「…の本質において」「…として」「…のまま」の意を表す。接尾語、または、副助詞と考えることもできる。中でも接尾語としての用法が古く、後に接続助詞としての用法が現れたという。同類の接続助詞に「つつ」があるが、近世以降は「ながら」が優位に立つようになった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ながら【乍ら】

( 接助 )
動詞および動詞型活用の助動詞の連用形に付いて、その動作・作用と下にくる語の動作・作用とが並行して行われることを表す。 「楽しく語り合い-、並木道を歩いて行った」 「ラジオを聞き-、仕事をする」 「辛うじて待ちつけて、喜び-加持せさするに/枕草子 28
体言・動詞、および動詞型活用の助動詞の連用形、形容詞の連体形(古くは形容詞語幹)などに付いて、上の事柄と下の事柄とが矛盾する関係にある意を表す。…にもかかわらず。…ではあるが。…ているのに。 「悪口を言われ-、少しも怒らない」 「若い-気がきいている」 「身は賤し-、母なむ宮なりける/伊勢 84
体言・副詞、動詞の連用形などに付いて、ある状態のままである意を表す。…のまま。…のとおり。 「立ち-握り飯をほおばる」 「いつも-の事だ」 「旅の御姿-おはしたり/竹取」 「かく-ともかくもならむを御覧じはてむと思し召すに/源氏 桐壺
体言・副詞などに付いて、「全部」「すっかり」「それごと」などの意を表す。 「リンゴを皮-かじって食べる」 「赦ゆるされもないに、三人-島を出でたりなど聞こえば/平家 3」 〔 (1) 語源は、上代の連体格助詞「な」に体言「から」の付いたものといわれる。 (2) 体言や副詞に付くものは、これを副助詞、また、接尾語とする説がある〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

乍らの関連キーワード取り掛かる・取り掛るとは言い乍ら居乍らにして及ばず乍ら憚り乍ら卒爾乍ら余所乍ら乍ら食い生れ乍ら胡麻塩頭恐れ乍ら居乍ら連用形陰乍ら涙乍ら昔乍ら我乍ら然は体言同愛

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android