コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふりがな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ふりがな

漢字の読み方を示すために,その脇につけたかなをさす。読み方の困難なもの (「蜥蜴 (とかげ) 」など) ,読みまちがえやすいもの (「人気 (ひとけ) 」など) ,特別の読み方をするもの (「女 (ひと) 」など) などに用いる。さらに,外来語なども,「禁忌 (タブー) 」などのように,それに相当する漢字にふることがある。もともと漢文訓読に発し,「傍訓 (ぼうくん) 」「つけがな」などといわれた。印刷のときは,特にルビともいう。江戸時代の大衆向けの書物,明治期以降の新聞,雑誌や児童・大衆向けの書物などは,漢字にふりがなを施すのが常であったが,第2次世界大戦後は用いられることが少くなった。その代りに漢字の直後にかっこに入れ,かなでその読みを表わすことがある。逆に,かなで書かれた語に対してその意味を明らかにするために,その脇につけた漢字を「ふり漢字」ということがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ふりがなの関連キーワード付け仮名・付仮名アクセシビリティ今昔操年代記EPUB役者論語常用漢字読売新聞ヘボン高級紙大衆紙小新聞添え字助仮名肥富

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふりがなの関連情報