コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぷすぷす プスプス

2件 の用語解説(ぷすぷすの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぷす‐ぷす

[副]
炎を上げないで弱々しく燃えるさま。「生木がぷすぷす(と)いぶる」
軽い感じで針などを柔らかいものに繰り返し突き刺す音や、そのさまを表す語。「ぷすぷす指先で障子に穴をあける

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぷすぷす

( 副 )
柔らかいものに刃物や針が何度も刺さる音を表す語。 「紙に針で-(と)穴をあける」
くすぶりながら燃えるさま。 「消したはずのたき火が-燃えはじめた」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone