コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ほてっ腹 ホテッパラ

2件 の用語解説(ほてっ腹の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほてっ‐ぱら【ほてっ腹】

[名・形動]《近世語》
肥満して張り出た腹。また、その人。
「その―くり抜いてやらんものと」〈浄・双生隅田川〉
馬子(まご)が馬をののしっていう語。
「けたいの悪い―めと鞭(むち)を打ち」〈浄・西王母〉
腹がよじれるほどおかしいこと。また、そのさま。笑止千万。
「あの時代は―な事がいけえことごぜえましたよ」〈滑・浮世風呂・四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほてっぱら【ほてっ腹】

( 名 )
大きく太った腹。また、そのような腹をした人をののしっていう語。 「身が子を-に宿し置きながら/浮世草子・禁短気」
馬子が馬をののしっていう語。 「 -め、…埒の明かぬ畜生め/浄瑠璃・神霊矢口渡」
( 名 ・形動 )
おかしなこと。笑止なこと。また、そのさま。 「 -な事がいけえことごぜえましたよ/滑稽本・浮世風呂 4

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほてっ腹の関連キーワードぎっぱ湿深情張り中太り欲張り乱離我一筏張り切張り張網

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone