コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ほとほと ホトホト

デジタル大辞泉の解説

ほと‐ほと

[副]戸などをたたく音や、斧(おの)で木を切る音などを表す語。
「父が―と扉をたたいて」〈康成・青い海黒い海〉
「宮造る飛騨の匠の手斧(てをの)音―しかるめをも見しかな」〈拾遺・雑恋〉
[名](中国地方で)小正月の夜、若者や子供が、蓑笠(みのかさ)や頭巾(ずきん)をつけて家々の門を訪れ、「ほとほと」と唱えて餅(もち)や祝儀などをもらう行事。ことこと。かせどり。 新年》「―の裸にを着たりけり/冬葉」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほとほと

( 副 )
木製の物が、何かに当たったり打たれたりして立てる音を表す語。ことこと。 「 樻のうちにものの-としけるがあやしさに/大鏡 兼通」 「戸を-と叩く者あり/慨世士伝 逍遥
( 名 )
中国地方で、小正月の晩に若者や子供たちが「ほとほと」と唱えて家々を訪問し、餅や祝儀をもらう行事。ことこと。ごりごり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほとほとの関連情報