ぽかん

精選版 日本国語大辞典「ぽかん」の解説

ぽかん

〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 頭などをたたく音、堅い物を打って響く音などを表わす語。ぽかりぽかあん
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉八「大概はポカンと大きな音を立てて弾ね返る」
② 口をあけるさま、切り口が開くさま、転じて、漫然としているさま、ぼんやりしているさまを表わす語。ぽかり。ぽかあん。
※古道大意(1813)下「領解の行かぬ人は、やはり領解ゆかず、ぽかんとして居るものぢゃが」
③ 穴があいたり、急にうつろな感じが生じたりするさまを表わす語。ぽかり。
※晴れたり君よ(1924)〈宇野浩二〉「救ふことの出来ない、ぽかんとした空隙を見いだした」
④ 物が大きくふくらむさまを表わす語。
当世商人気質(1886)〈饗庭篁村〉四「稼ぐ精力に渋団扇氏子を離れ毎年細く引伸した飴細工ポカンと脹たの腹、女房の産の紐穏に」
⑤ あっけないさまを表わす語。
※恋を恋する人(1907)〈国木田独歩〉二「やっと結婚して、一緒になったかと思ふ間もなく、ポカンと僕を捨てて逃げ出して了った」

ぽかん

〘名〙 小児遊戯の一つ。用もないのに、戯れに人の名を呼んで返事をさせ、「ぽかん」といってからかうもの。幾度も行なう時はその度ごとに「一貫貸した」「二貫貸した」などといった。
※歌舞伎・櫓太鼓鳴音吉原(1866)六幕「『慥にお前は長吉さんに』『え』『ぽかん、ええ笑かしやあがる』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ぽかん」の解説

ぽかん

[副]ぽかり」に同じ。「うしろからぽかんとやられた」「ぽかんとして聞いている」「ぽかんと時間に穴があく」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android