コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みすず飴

2件 の用語解説(みすず飴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

みすず飴

長野県の名物菓子。杏、梅、リンゴなどの果汁を寒天で固めたゼリー

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

みすず飴
みすずあめ

長野県の銘菓で和風ゼリー菓子。新潟県上越市の老舗(しにせ)高橋孫左衛門創製による翁飴(おきなあめ)系の逸品で、1870年(明治3)に上田市の飯島商店から売り出された。水飴に寒天、砂糖を混ぜ、これに信州特産のリンゴ、ブドウ、アンズ、ウメ、モモの果汁液を加え、煮詰めてから型に流して拍子木形に切る。彩りの美しさと果汁の芳香、「みすずかる信濃(しなの)」に想を得た菓名で、信濃土産(みやげ)としての評判を高めた。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みすず飴の関連キーワード棹物菓子杏しぐれケンピ笹だんご高遠まんじゅう長野県りんごの日日向夏ゼリーふくれ菓子州浜団子長野県下伊那郡松川町

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone