コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みすず飴

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

みすず飴
みすずあめ

長野県の銘菓で和風ゼリー菓子。新潟県上越市の老舗(しにせ)高橋孫左衛門創製による翁飴(おきなあめ)系の逸品で、1870年(明治3)に上田市の飯島商店から売り出された。水飴に寒天、砂糖を混ぜ、これに信州特産のリンゴ、ブドウ、アンズ、ウメ、モモの果汁液を加え、煮詰めてから型に流して拍子木形に切る。彩りの美しさと果汁の芳香、「みすずかる信濃(しなの)」に想を得た菓名で、信濃土産(みやげ)としての評判を高めた。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

みすず飴の関連キーワード長野県史生

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android