みゆき族(読み)みゆきぞく

百科事典マイペディアの解説

みゆき族【みゆきぞく】

1964年の夏,東京・銀座のみゆき通りに現れた10代の若者の集団をいう。女の子はウエストの紐ベルトを後ろで結んだスリムなロングスカート,ロングヘアにリボン,素足にサンダル,男の子はボタンダウンのシャツに,マドラス・チェックのバーミューダ・パンツか丈の短いコットン・パンツをはき,ともに着替えなどを入れた大きな麻袋をもっていた。折しも東京オリンピック開催前で,街の浄化と補導を理由に9月には規制された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のみゆき族の言及

【ヒッピー】より

…このヒッピー風俗は,カウンターカルチャー(対抗文化)とともに,大なり小なり世界中に広まった。日本でも60年代の〈みゆき族〉や〈フーテン〉以来,その影響を見いだすことができる。語源的には1950年代に流行した〈ヒップスターhipster〉に由来し,当初は〈現代感覚に敏感な者〉〈本当のフィーリングをもった者〉といった意味であった。…

※「みゆき族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

みゆき族の関連情報