むさむさ(読み)ムサムサ

デジタル大辞泉の解説

[副]
きたならしいさま。むさくるしいさま。
「身を―ともつぞ。湯を浴びつなどもせぬぞ」〈蒙求抄・三〉
ごちゃごちゃしているさま。
「具足多く、―と俗なる連歌が付けにくきなり」〈九州問答〉
毛などが多いさま。ぼうぼう。
「色青く、面やせて、ひげ―生えたるが」〈仮・可笑記・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙
[一] (多く「と」を伴って用いる)
① せま苦しい、窮屈だの意を表わす語。
※名語記(1275)四「詞にむさむさといへる、如何。答、むさはみつせは、みつさまの反、せばきはむさむさとある也。もしまた、無相無相といへる歟」
② ごちゃごちゃとして、きたならしいさまを表わす語。
※九州問答(1376)「詞もつたなく、風情もなくて、ことごとしく具足おほく、むさむさと俗なる連歌が付にくき也」
③ 毛などが多くて、乱れているさまを表わす語。むしゃむしゃ。
※虎明本狂言・呂蓮(室町末‐近世初)「かしらをなでてみて『やれやれうれしや、むさむさと致てわるかったに、すっきりと致てようござる』」
④ 心が満たされないさま、いらいらしたり腹を立てたりするさまを表わす語。むしゃくしゃ。
※史記抄(1477)一五「後不敢堅対とは、初云たる義をとをしもせいで、むさむさとしたぞ」
[二] ⇒むざむざ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android