コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呂蓮 ロレン

3件 の用語解説(呂蓮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ろれん【呂蓮】

狂言。僧に出家を勧められて髪を剃(そ)り、呂蓮と名づけてもらった亭主が、女房にしかられて気が変わり、二人で僧を追い出す。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呂蓮
ろれん

狂言の曲名。出家狂言。旅僧(シテ)が一夜の宿を請うと、快く迎え入れたその家の主人は、僧の教化(きょうげ)を聞き、出家したいといいだす。妻や一族にも了解済みとのことなので、主人の頭を剃(そ)り、予備にもっていた衣まで着せてやる。さて、名をつけてほしいと頼まれ、いろは手本を見ながら、い蓮坊、よた蓮坊などと口ずさむが主人の気に入らず、やっと呂蓮坊に落ち着く。ところが、そこへ食事を運んできた妻が驚き、なぜ出家したと責めたてると、主人は旅僧の勧めでなったと言い訳する。あと、大蔵(おおくら)流では夫は先に逃げてしまい妻が旅僧を追い込むが、和泉(いずみ)流では夫婦で旅僧を倒し連れ立って入っていく。宿の主人のふと出家したくなる遁世(とんせい)への願望に中世的人間像が感じられる。[小林 責]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone