呂蓮(読み)ロレン

大辞林 第三版の解説

ろれん【呂蓮】

狂言の一。旅僧の教化を聞いてふと出家を思い立った男が、妻にも相談せずに頭を丸め、呂蓮と名を付けてもらうが、これを知った妻は驚いて夫を責め、怒りを旅僧に向ける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

呂蓮
ろれん

狂言の曲名。出家狂言。旅僧(シテ)が一夜の宿を請うと、快く迎え入れたその家の主人は、僧の教化(きょうげ)を聞き、出家したいといいだす。妻や一族にも了解済みとのことなので、主人の頭を剃(そ)り、予備にもっていた衣まで着せてやる。さて、名をつけてほしいと頼まれ、いろは手本を見ながら、い蓮坊、よた蓮坊などと口ずさむが主人の気に入らず、やっと呂蓮坊に落ち着く。ところが、そこへ食事を運んできた妻が驚き、なぜ出家したと責めたてると、主人は旅僧の勧めでなったと言い訳する。あと、大蔵(おおくら)流では夫は先に逃げてしまい妻が旅僧を追い込むが、和泉(いずみ)流では夫婦で旅僧を倒し連れ立って入っていく。宿の主人のふと出家したくなる遁世(とんせい)への願望に中世的人間像が感じられる。[小林 責]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android