むずらむ

精選版 日本国語大辞典の解説

むず‐・らむ

(推量助動詞「むず」の終止形に推量の助動詞「らむ」が付いたもの) 現在、あるいは未来についての推量を表わす。…であろう。
※蜻蛉(974頃)上「いかにしたまはんすらむ。ひととりは世におはせじな」
[語誌](1)「む」と「らむ」とは直接に付くことはないが、「むとすらむ」の形では和歌にも用いられ、その変化である「むずらむ」は会話を中心に多用された。
(2)中古から「むず」の単純終止は少なく、終止形の大半が「らむ」を下接するもので、中世に至って急激に増大する。本来は「らむ」が現在推量などの意味機能を担っていたと思われるが、時代が下るとともに「むず」との弁別は難しくなる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android