コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もぞ モゾ

デジタル大辞泉の解説

も‐ぞ

[連語]《係助詞「も」+係助詞「ぞ」》
「も」を強調する意を表す。…だって。…でさえ。
「岩根さくみてなづみ来(こ)し良けく―なき」〈・二一三〉
好ましくない結果を予想し、気がかりに思う気持ちを表す。…すると大変だから。…するといけないから。→もこそ
「憎しとなおぼし入りそ。罪―得給ふ」〈総角

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もぞ

( 連語 )
〔係助詞「も」に係助詞「ぞ」の付いたもの〕
上に来る語と述語との結合を強調して表す。 「立ちて思ひ居て-思ふ紅の赤裳裾引き去にし姿を/万葉集 2550
将来をおしはかる意を表す。将来の事態をあやぶむ気持ちを表すことが多い。…かもしれないから。…といけないから。 「玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることのよわり-する/新古今 恋一」 「門かどよくさしてよ。雨-する/徒然 104」 〔は中古以降の用法〕 → もこそ(連語)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

もぞの関連キーワード係り助詞・係助詞薦僧・虚無僧後桜町天皇式子内親王もそもそもぐもぐもぞもぞあいなし係り結び捨て書く五十嵐力心地無し書き乱る元敞女王もごもご骨無し係助詞供揃え居並む賢しら

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

もぞの関連情報