もぞ

精選版 日本国語大辞典「もぞ」の解説

も‐ぞ

(係助詞「も」「ぞ」の重なったもの。「もそ」とも) 体言および体言と同資格の語や副詞を受ける。
① (「も」と「ぞ」とが単に重なっただけのもの) 上に来る語と述語との結合を強調する。
万葉(8C後)一一・二五五〇「立ちて思ひ居て毛曾(モソ)思ふ紅の赤裳裾引き去にし姿を」
② (慣用的表現となるもの) 推量助動詞を用いないで将来をおしはかる意を表わし、順接の余情をもつ、中古以降の用法。…かもしれないから。→補注。
※伊勢物語(10C前)四〇「さかしらする親ありて、思ひもぞつくとて」
※正治初度百首(1200)山家「柴の戸の跡みゆばかりしほりせよ忘れぬ人はかりにもそとふ〈藤原定家〉」
[補注]②の用法のほとんどは将来の事態を危ぶむ場合に用いられるが、挙例の「正治初度百首」のように将来の事態を期待する場合もある。また、同様の意を表わすものに「もこそ」がある。→もこそ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「もぞ」の解説

も‐ぞ

[連語]《係助詞「も」+係助詞「ぞ」》
「も」を強調する意を表す。…だって。…でさえ。
「岩根さくみてなづみし良けく—なき」〈・二一三〉
好ましくない結果を予想し、気がかりに思う気持ちを表す。…すると大変だから。…するといけないから。→もこそ
「憎しとなおぼし入りそ。罪—得給ふ」〈・総角〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android