ものだから

精選版 日本国語大辞典「ものだから」の解説

もの‐だから

連語
① 「…ものだから」の形で動詞・形容詞連体形を受けて原因・理由を表わす。
※黄表紙・江戸生艷気樺焼(1785)下「わいらはどふで死ぬものだから、おいらが介錯してやらう」
② 「…だものだから」「…なものだから」の形で名詞形容動詞を受けて、理由を説明的に表わす。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)三「男子達(とのがた)といふものは浮薄(うつりぎ)なものだから、いとどおもひがます」
[補注]丁寧体では、「ものですから」という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ものだから」の解説

もの‐だ‐から

[連語]活用語の連体形に付いて、原因・理由を表す。…ので。「君が大きな声を出すものだからが逃げてしまった」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android