ものだから(読み)モノダカラ

デジタル大辞泉の解説

もの‐だ‐から

[連語]活用語の連体形に付いて、原因・理由を表す。…ので。「君が大きな声を出すものだから鳥が逃げてしまった」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ものだから

( 連語 )
〔形式名詞「もの」に断定の助動詞「だ」と接続助詞「から」とが付いたもの。話し言葉でのくだけた言い方では「もんだから」ともなる〕
活用語の連体形に付いて、一語の接続助詞のように用いられる。原因・理由を表す。…ので。 「急なお話でした-、驚きました」 「行きたくない-、何かとけちをつけるのだろう」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もの‐だから

連語
① 「…ものだから」の形で動詞・形容詞連体形を受けて原因・理由を表わす。
黄表紙江戸生艷気樺焼(1785)下「わいらはどふで死ぬものだから、おいらが介錯してやらう」
② 「…だものだから」「…なものだから」の形で名詞形容動詞を受けて、理由を説明的に表わす。
人情本春色梅児誉美(1832‐33)三「男子達(とのがた)といふものは浮薄(うつりぎ)なものだから、いとどおもひがます」
[補注]丁寧体では、「ものですから」という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ものだからの関連情報