やっと

精選版 日本国語大辞典の解説

やっ‐と

〘副〙
① 量が多いさまを表わす語。たくさん。大そう。
※評判記・難波の㒵は伊勢の白粉(1683頃)二「ひっ返しの紋なしやっと一大道むれたり」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「その外に川魚屋もまだまあ多(ヤッ)とあれどナ」
② 二つの事柄を比較して、一方が他方をはるかにしのいでいることを強めていう語。ずっと。はるかに。
※雑俳・千枚分銅(1704)「染賃が地よりはやっと高からふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やっ‐と

[副]
たくさん。たいそう。
「その外に川魚屋もまだまあ―あれどな」〈滑・浮世風呂・二〉
はるかに。ずっと。
「荷を持つ方が―気楽な」〈浄・伊賀越

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android