やよ(読み)ヤヨ

デジタル大辞泉の解説

や‐よ

[感]
呼びかけるときに発する語。やあ。やい。おい。
「思ふらむ心のほどや。―、いかにまだ見ぬ人の聞きか悩まむ」〈・明石〉
音曲などの囃子(はやし)のかけ声。
「京に京にはやる起き上(や)がり小法師(こぼし)―、殿だに見ればつひ転ぶ」〈虎明狂・二人大名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やよ

呼びかける時に発する語。やい。やあ。 思ふらむ心のほどや-いかに/源氏 明石
はやし声。 京に京にはやる起きやがりこぼし-/狂言・二人大名

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

や‐よ

〘感動〙
① 呼びかけのことば。やあ。
※新古今(1205)冬・五八〇「やよ時雨物思ふ袖のなかりせば木の葉ののちに何を染めまし〈慈円〉」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「死たる馬の腹の中より『やよまち給へ』と呼びとどめ」
② 歌謡のはやしの声や掛け声。
※虎明本狂言・二人大名(室町末‐近世初)「おきやがりこぼしやよ、とのだに見れはつひころぶ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やよの関連情報