コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二人大名 フタリダイミョウ

デジタル大辞泉の解説

ふたりだいみょう〔ふたりダイミヤウ〕【二人大名】

狂言。二人大名が、通りがかりの男をむりやり供の者に仕立て太刀(たち)を持たせる。男は大名の態度に腹を立て、太刀を抜いて二小袖を奪ったうえ、犬や鶏のまねをさせてなぶる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふたりだいみょう【二人大名】

狂言の一。供をつれずに野遊びに行った二人の大名が、たまたま通りかかった男をむりやり従者に仕立てる。腹を立てた男は持たされた太刀で逆に二人をおどし、ものまねなどさせる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二人大名
ふたりだいみょう

狂言の曲名。大名狂言。大名(シテ)が友人の大名を誘って都へ上るが、大名のくせに供も連れず、太刀(たち)を自分で持っているのがいかにも体裁が悪い。大名は道通りの男に声をかけ、むりやり太刀を持たせる。大名の増長ぶりに怒った男が、太刀を抜いて大名を脅し、腰刀や小袖(こそで)上下を巻き上げ、鶏の蹴(け)り合い、犬の噛(か)み合い、起きあがり小法師(こぼし)のまねを次々にさせる。都ではやる歌謡を謡いながら、起きあがり小法師のまねを繰り返すうちに、大名たちはだんだん興にのって無我夢中。男はそのすきに獲物を持って幕に入り、われに返った大名が追い込む。下剋上(げこくじょう)の時代を反映した代表作だが、強制されていやいや始めた物まねの楽しさに思わずのめり込んでいく大名の姿に、大らかな遊び心をみることができる。[油谷光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

二人大名の関連キーワード能郷の能・狂言やるまいぞこうこう等閑ないつっくり野遊び私連れ儘・侭昆布売其方衆ていと用所やよ狂言従者殿

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android