コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よしの原局 よしのはらのつぼね

1件 の用語解説(よしの原局の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

よしの原局

生年:生没年不詳
戦国時代の女性。石見(島根県)の戦国大名吉川元春の妻のひとり。熊谷氏。元春の死後,天正10(1582)年に長子元長が家督を継ぐと,「はさ并にしむね」を料所として与えられた。また元長の筑紫在陣中には,書状で軍役人数や番衆の配分などにつき意見交換を行っている。同15年に元長が病死し幼い経言(広家)が家督を相続すると,後家として家の押さえという位置を占めた。<参考文献>『吉川家文書

(田端泰子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よしの原局の関連キーワード石見石見銀山郡代七雄戦国大名春秋戦国時代戦国戦国時代長田賢忠石陽景叔

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone