コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

よしの原局 よしのはらのつぼね

朝日日本歴史人物事典の解説

よしの原局

生年:生没年不詳
戦国時代の女性。石見(島根県)の戦国大名吉川元春の妻のひとり。熊谷氏。元春の死後,天正10(1582)年に長子元長が家督を継ぐと,「はさ并にしむね」を料所として与えられた。また元長の筑紫在陣中には,書状で軍役人数や番衆の配分などにつき意見交換を行っている。同15年に元長が病死し幼い経言(広家)が家督を相続すると,後家として家の押さえという位置を占めた。<参考文献>『吉川家文書

(田端泰子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

よしの原局の関連キーワード吉川元春妻

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android