コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊谷氏 くまがいうじ

世界大百科事典 第2版の解説

くまがいうじ【熊谷氏】

中世安芸国三入(みり)荘の地頭,国人。平貞盛の裔。盛方は北面の武士,罪により誅せられ,子直貞は逃れて武蔵に下り熊谷郷に住して熊谷を苗字とした。その子直実は源頼朝に従い軍忠により久下氏に奪われた熊谷郷を回復した。その孫直国は承久の乱(1221)に瀬田で討死し,その恩賞として子直時が三入荘地頭職に補された。しかし承久の乱に戦死した直勝の養子となった弟祐直の訴により,幕府は吉見尼の計らいに従い35年(嘉禎1)直時に3分の2,祐直に3分の1の地頭職を認めることとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊谷氏
くまがいうじ

平安後期から江戸時代にわたる武家。熊谷直実(なおざね)の父直貞(なおさだ)のとき初めて武蔵(むさし)国熊谷(くまがや)郷(埼玉県熊谷市)に居住し、熊谷を名のったとされている。直実は鎌倉政権成立期に活躍し、武蔵の小武士から御家人(ごけにん)となった。以後熊谷氏は、承久(じょうきゅう)の乱(1221)での勲功により安芸(あき)国三入庄(みりのしょう)(広島市安佐北区可部(かべ)町)地頭(じとう)職を得て西遷し、三入庄を中心に安芸、武蔵、美濃(みの)(岐阜県)に散在する所領を一族に分割し支配した。南北朝内乱期には、本・支族ごとに複雑な動きをしたが、惣領家(そうりょうけ)の直経(なおつね)を中心に一族の強化を図り、安芸の国人領主として領主制支配を展開した。戦国期以降、毛利(もうり)氏との関係を強め、その重臣家となって主家とともに萩(はぎ)へ移った。[鈴木哲雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の熊谷氏の言及

【三入荘】より

…これ以前に同荘に地頭がいたことは明らかであるが,人名は不明である。熊谷氏は根谷(ねのたに)川の東の小高い丘に伊勢ヶ坪城(塩ヶ坪城ともいう)を築き,のち本拠を高松城へ移すまでここに拠った。1235年(嘉禎1),熊谷直時とその弟祐直(資直)は所領の配分をめぐり争うこととなり,鎌倉幕府は直時に同荘の3分の2,祐直に3分の1の割合で分けるように裁許した。…

※「熊谷氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熊谷氏の関連情報