よろい竜類(読み)よろいりゅうるい(英語表記)ankylosaur

  • Ankylosauria

翻訳|ankylosaur

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北アメリカやアジアなどのジュラ紀中期、約1億6470万年~6550万年前の地層から産出した四本肢(あし)の恐竜。分類学上は鳥盤目装盾(そうじゅん)類(亜目)よろい竜類(下目)。名称は、ラテン語で「曲がった爬虫(はちゅう)類」あるいは「癒着した爬虫類」を意味し、大きく曲がった肋骨(ろっこつ)をもっていたことか、皮骨が癒合し甲らのような背甲をもっていたことを表す。ここでは外見を重視し、後者の意味にとっておく。現生アルマジロと似た重装備をした種類で、装甲竜類または曲竜類ともいう。剣竜類と似て頭部は非常に小さく、弱い歯をもつ。剣竜類とあわせてエウリポッド類Eurypodaを構成する。ノドサウルスNodosaurusのように尾端に骨質のハンマーをもたないグループ(ノドサウルス科Nodosauridae)と、アンキロサウルスAnkylosaurusのように尾端に骨質のハンマーをもつグループ(アンキロサウルス科Ankylosauridae)がある。ポラカントゥスPolacanthusは、背から尾にかけて2列の大きい棘(とげ)状突起があり、腰は小さな骨のモザイクで守られていた。サイカニアSaichaniaやタラルルスTalarurusはさらに重いよろいをもっていた。また背の数列の棘だけでなく、横腹にも1列に大きな棘状突起が並んでいた。

[小畠郁生]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android