コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥盤類 ちょうばんるいOrnithischia

4件 の用語解説(鳥盤類の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥盤類
ちょうばんるい
Ornithischia

恐竜のなかで,恥骨が下方後方にとがり,鳥のように座骨と平行する骨盤をもった種類。恥骨の前端に新しい骨の突起があり,前方下方にとがっている。したがって,四方放射状の骨盤をもつ爬虫類で,分類上は目 (もく) を形成する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょうばん‐るい〔テウバン‐〕【鳥盤類】

鳥盤目の恐竜の総称。骨盤の形が鳥に似て、恥骨が座骨に平行になっている。2脚歩行のイグアノドン、4脚歩行のステゴサウルスなどが含まれ、いずれも草食性で、中生代ジュラ紀後期から白亜紀後期にかけて繁栄した。→竜盤類

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうばんるい【鳥盤類】

爬虫はちゆう類の一グループ。竜盤類とともに、恐竜類を構成する。鳥類と似た構造の骨盤をもち、一般に植物食とされる。ジュラ紀から白亜紀にかけて多様な進化を遂げた。鳥脚類(イグアノドンなど)・剣竜類(ステゴサウルスなど)、角竜類(トリケラトプス・プロトケラトプスなど)など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥盤類
ちょうばんるい
ornithischian
[学]Ornithischia

いわゆる恐竜のなかで、腰の骨の配列が鳥の骨盤に似たグループで、分類学上は目(もく)に相当する。骨盤の上部の骨(恥骨)が長く後下方に伸びて、下部の骨(坐骨(ざこつ))に対し平行的であるという特徴をもった一群。下顎(かがく)の先端に前歯骨があり、歯はない。あごの関節の位置は上顎の歯列より低いなどの特徴をもつ。そのなかの細別としては、ジュラ紀から白亜紀に栄え、背中を骨板や棘(とげ)で覆われた四本肢(あし)で中形の草食の剣竜(けんりゅう)類(下目)、それとおもに白亜紀に栄えた装甲竜、すなわち、よろい竜類(下目)、ジュラ紀から白亜紀に栄えた草食中形のおもに二肢歩行の鳥脚類(亜目)、白亜紀に栄えた四本肢の草食の角竜(つのりゅう)類(下目)、白亜紀に栄えた厚頭竜類(下目)が識別されている。このうち剣竜類とよろい竜類をあわせて装盾(そうじゅん)類(亜目)とし、厚頭竜類と角竜類をあわせて周飾頭(しゅうしょくとう)類(亜目)とし、鳥盤目全体としては3亜目4下目が使われている。なお鳥盤類のうち、原始的なピサノサウルスPisanosaurusとレソトサウルスLesothosaurusを除いて、すべての鳥盤類はゲナサウルス類Genasauriaとして一括される。したがってこれは鳥脚、装盾、周飾頭の3類(亜目)に区分される。また装盾類のうち、原始的な装盾類(基盤装盾類)を除いた剣竜類とよろい竜類をあわせてエウリポッド類Eurypodaとよぶ。鳥脚類、厚頭竜類、角竜類はケラポッド類Cerapodaに一括される。これらはそれぞれ分岐分類学的な共有派生形質をいくつも示す。[小畠郁生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥盤類の関連情報